閉じる

ようこそ、知的で開放的な広場へ

知的で開放的な広場

中1では・・・
中学1年生

はじめからトップギアに入れない。

ピカピカの1年生のきみたちに期待することは、学校を好きになってもらうこと。重いカバンを持って、毎朝電車やバスで通学し、一日で一番長く過ごす場所が学校だから。
学校が楽しいという思いを持ってもらえるように、わたしたち教員は、一人ひとりのいいコーチになれるように、努力します。

そのココロはまずは居場所と居心地を作る!
中2では・・・
中学2年生

なぐさめ、はげまし、きたえる。

わたしたち教員が恐れるのは、きみたちの失敗ではありません。
失敗を恐れて、挑戦しなくなることです。
失敗したら、なぐさめます。Next chance!
精度があがってきたら、はげまします。You can do it!
もっともっと成長してもらいたいときは、きたえます。
「人間は目標以上の成果は出せない。志を高く持とう!」

そのココロは失敗しても、やり直せばいい!
中3では・・・
中学3年生

リーダーシップを発揮する。

本校は、中学生だけで、重要な学校行事を担うこともよくあります。
3年性は、後輩学年を支援し、まとめていく役割を持っています。
企画・運営・総括というリズムを中学全体で体感し、共有できるように、3年生には期待しています。

そのココロは後輩たちを、なぐさめ、はげます番になる!
高校では・・・

高校1年生

全教科をバランス良く学んで自らの可能性を広げ、年度末に文系理研いずれかを選択します。

高校2年生

文系、理系、文理混合選抜に別れますが、国公立と私立を絞ることなく、幅広い教科を学んでいきます。

高校3年生

国公立型や私立型といったそれぞれの受験型に合わせた選択科目中心の授業で志望実現を目指します。

教科「理数インター」とは

12歳は、偏差値より学習歴!

「答えのない学びをしよう」
自ら求め、切り開いていく能力が新たな時代を創る

1年生
コラボレーション
Collaboration

ランダムに振り分けられたグループで協力し合い、仲間とコラボレーションしながら問題を解決していきます。ペーパータワーやiPadを使用したお題、またアドリブを入れて台本を作り英語でスキット(寸劇)を行うなど、多くの学びに挑戦します。

2年生
プレゼンテーション
Presentation

誰もが知る企業から出される課題に対し、自分たちの感性・思考・アイデアを交差させます。答えのない学びから出てきた提案事項は、社会全体にプレゼンテーションしていき、新鮮な気づきを人々に与え、創造的な未来をジェネレートしていきます。

3年生
ラーニング
Learning

学校内だけでなく学校外へも意識をし「中学生の日常あるある」から新商品を生み出し、企画・プレゼンテーション・ブラッシュアップを繰り返し、企画のリアルを追求。お互いの個性を活かした協働活動・失敗を恐れない好奇心と行動力を体感的に学びます。

明るく楽しく一生懸命

スクールユニフォーム

コーディネートは自由自在

男女ともブレザースタイルで、中学のイメージカラーはルビーレッド(えんじ)、高校はネイビーブルーです。
中学生女子にはチェックスカート、スラックス(パンツスタイル)も加わり、毎日のコーディネートがより楽しめる制服になりました。

部活動

部活動は週3回

宝仙学園の部活動は、楽しくのびのびとやっています。学校がある週6日間の中の3日間で行われているため、勉強も両立できます。

施設

知的で開放的な広場

理数インターならではの教育に対応した、さまざまな施設が用意されています。

自己ベストの更新

2021度 難関大学合格実績
バラエティに富んだ国公立大学
東大・京大・一橋・大阪・東北・東京藝術・東京外国語
Return to Top ▲Return to Top ▲