最新情報

第25回校長blog 「受験生へのエール②中学受験生・保護者のみなさんへ」

2017/1/21

20日より、中学入試の出願が開始されました。

早々と手続きしてくださった受験生と保護者のみなさん。

ありがとうございます。

今年度より、出願状況を、HPで公開することにします

中学受験生および保護者のみなさんの声に応えたいと考えました。

同時に、本校を受験するに際し、本校の合格判定の原則を改めて確認していただきたいと、考えたからでもあります。

 以下、特にご理解いただきたいことを、お伝えします。

1)本校の合格判定は、「絶対評価」です。合格ラインに達したと判断した場合は、合格者の人数を制限していません。高得点順に合格者の人数を制限する「相対評価」ではありませんので、受験生としての最善を尽くすことに集中してください。

2)本校の「特待選抜入試」は、「選抜クラス合格」という基準以外に、「スライド合格」という、「選抜クラス以外のクラスに合格」という基準があります。まずは、本校への合格を目指すという受験生も、本校の「特待選抜入試」に積極的にチャレンジしていただきたいと思います。

3)「公立一貫型入試」は、昨年も、東京の私立中学としては、最も受験生の多い入試になりました。今年も、たくさんの応募者が見込まれます。受験生が多いので、合格ラインにもうすぐ届くというグループも、少なくありません。そこで、「公立一貫型入試」(1日と2日のみ)に限り、「補欠」を出しています。これは、「補欠合格」という意味ではありませんが、残りの同型入試の結果、合格ラインに大いに近づいた場合は、そのことも考慮した合格判定を行うという措置です。

あらためて、受験生のみなさん。最善を尽くそうとする姿勢こそが、今、一番大切です。

「挑戦なくして、成長なし。」

保護者のみなさんとともに、期待しているのは、まさにこれです。

2017年1月21日

                          宝仙学園中学・高等学校

                           校長 富士 晴英

Return to Top ▲Return to Top ▲