最新情報

第7回 理数インターのグローバル 『SHI Global Course』

2016/12/6

Here is a taster of what our Senior High I Global learners are learning in their English class (we prefer the word learner since this more accurately describes our learners: independent researchers.)

 

Class numbers are small, so each learner gets a chance to express themselves.

 

Lessons are taught using themes: art, technology, education, and comedy etc. Each theme is learned over half a term. This gives the learners a chance to explore the content in depth. Theme contents typically consist of a thought provoking central reading, a documentary or TV program, and an independent research project. For the independent research, learners explore a certain topic, i.e. a piece of comedy, and then present their findings in front of the class. They demonstrate their applied knowledge of the subject and make questions to challenge their classmates with. A selection of these questions are also used in their tests. This makes the lesson much more meaningful and learner focused – which is ideal when it comes to enquiry based learning.

 

As of the beginning of September, we have an ALT (Assistant Language Teacher) from New Zealand. His name is Callian and he is 22 years old. As you can see, the learners are really enjoying his class.

 

本校の高校1年生のグローバルクラス生徒が何を学んでいるかご紹介致します。グローバルクラスは、少人数授業を行っていますので、生徒11人に自分自身を表現する機会があります。芸術、科学技術、教育やコメディーなどのテーマで生徒は1学期の約半分を通してその内容について深く掘り下げ学びます。テーマの内容は主に新聞記事などを使ったメインテキスト、ドキュメンタリーやテレビ番組、そして個々の研究課題などです。個々の研究については、ある課題、例えば今学期においてはコメディーを取り上げ、それについて各々調べ、自分なりに分かったことをクラスメイトの前で発表します。そして、得た知識を用いてクラスメイトと質問し合うことにチャレンジします。その中から選抜された質問は試験でも出題されます。このようなことを通して、授業をいっそう意味のあるものにし、学習者中心の理想的な学びの場を提供しています。

 

10月初旬、ニュージーランドから新しいALTを迎えました。彼の名前は、Callian22歳です。ご覧のとおり皆Callianの授業を楽しんでいます。

global4

 

 

 

 

 

 

グローバルコース担当 G.T.england

Return to Top ▲Return to Top ▲