最新情報

KEIO UNIVERSITY SFC OPEN RESEARCH FORUM(ORF) 2016

2016/11/29

11月19日(土)、東京ミッドタウンで開催された「KEIO UNIVERSITY SFC OPEN RESEARCH FORUM(ORF) 2016」に、本校の伊藤(進路支援部長)と米澤(教務部長、教科「理数インター」責任者)が、パネリストとして参加しました。ORFは、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の研究活動成果を公開する場として毎年開催されているものです。教科「理数インター」でも導入しているパターン・ランゲージの先進事例紹介として、本校が招かれました。

20161119_%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b32_256
ORF2016 セッションの様子

井庭崇氏(SFC教授)による「主体性と創造性を引き出す教育改革」のセッションでは、鈴木寛氏(文部科学大臣補佐官)をお招きし、高大接続改革の流れのなかでパターン・ランゲージに期待することを語って頂いた後、本校のパターン・ランゲージの導入の経緯や取り組み内容を紹介しました。

20161119_%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b312%ef%bc%88%e4%bc%8a%e8%97%a4%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%89_256
本校の事例紹介の様子

セッションでは、パターン・ランゲージを中学のカリキュラムに取り入れた、日本で始めての学校として、その導入の経緯と教科「理数インター」での活用例を紹介しました。セッションの後半では、実際に来場者がコラボレーション・パターンを体感する場面もあり、大変盛り上がりました。

20161119_%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31_256
パネリストで講演会後撮影

(※写真提供 株式会社 クリエイティブシフト)

 

入試広報部長 中野 望

Return to Top ▲Return to Top ▲