最新情報

サマースクール雑感

2017/7/30

夏休みに入って早々、高校1,2年生がサマーセミナーに出掛けてきました。

4年生(高1生)のテーマは「コミュニケーション能力を高める」です。英語の授業では有名なスピーチの一節を暗唱したり、自分独自の言葉を加えたオリジナルのスピーチをクラスの前で発表し合い、さらには代表者によるコンテストを開きました。内部進学の生徒と高校入学組の生徒が初めて同じ教室で机を並べ、互いに刺激を受け合う貴重な体験となりました。また、文化祭に向けてクラスごとにオリジナルの演劇を披露しあい、ここでも表現力豊かなパフォーマンスに会場が沸きました。こういった経験が人前で発表したり、話をするための大事なトレーニングになるはずです。

5年生(高2生)のテーマは「自立した学習者になる」です。1コマ80分ずつの講義に加え、午後や夜間には自習時間が設けられました。「ここまで来てなぜ自習?」という声もありましたが、これも一人前の受験生になるためのトレーニングなのです。自分一人ではなかなか長時間机に向かうことは難しくても、自分の前後左右に仲間が頑張っている姿に刺激をうけ、最後までやり抜くことに達成感を感じた生徒は少なくありませんでした。その姿を土産に持ち帰り、夏休み以降の自学自習につなげて欲しいと思います。5年生の目線の先には、学校の自習室で黙々と勉強に取り組む6年生の背中があります。今年の6年生はとくに学校で勉強に励む姿が目につき、朝早くから自習室が満室になるほどです。後輩たちへの無言のメッセージを送ってくれる姿をありがたく思います。

(共学部・高等部教頭 右田邦雄)

Return to Top ▲Return to Top ▲