最新情報

中1 Blog 第10回 「Sometimes, look back.」

2017/7/7

《ふりかえる》

期末試験が本日終わり、まもなく一学期が終わろうとしています。4月の入学式から始まり、ウェルカムキャンプ、体育祭を始め、あっという間であったと思います。
楽しい夏休みを迎える前に11期生のみんなと一緒に考えたいことがあります。
本校にとって君たちは大切な「じんざい」です。君ならばどんな漢字に変換しますか。

1「人罪」なんだか人に迷惑をかけてそうですね…
2「人在」いるだけでも大切なので、良さそうですが、いるだけという感じもします。
3「人材」世間でよく聞きますね。でも私から言わせたら、「材料」だから換えがききそうです。
4「人財」代わりはいない財産、しっくりきます。
5「人才」才能がある人、これも悪くはないですね。

君の答えは何だったでしょうか。
さて勉強の仕方、授業の受け方、掃除の仕方等々、いろいろ「やり方」は学んだと思います。でも、もっと大切なのは、「心のあり方」なのです。
もちろんやり方を知らないと困ることはたくさんありますが、そのやり方を実践しても、うまくいかないことがあるのも事実です。その時に、自分の「心のあり方」を立ち止まって考えてみましょう。例えば、
挨拶、誰に対しても同じようにできていますか。
言葉使い、親しき仲にも礼儀あり、となっていますか。
教室等の掃除、大きく(大雑把)ではなく、小さく(隅々)キレイにしていますか。
授業態度や課題等、主体的に聞き、発言、「考」動し、取り組んでいますか。

うまくいかなかったことがあったならば、謙虚に受け止める
うまくいったことがあったとしても、謙虚に周りに感謝する
これからも君が、周りの人にとっての「人財」となるように、中学一年生の一学期を振り返ろう。そして時には立ち止まって人生を考えよう。

2017_学年通信_11

中1 学年主任 對馬 洋介

Return to Top ▲Return to Top ▲