最新情報

校長blog第55回 「各部門の9月からの説明会について」

2017/9/8

 理数インター中等部は、開放的な校風を生徒とともにアピールしてきた従来の方法を推進していくとともに、いよいよ入試対策をスタートさせます。

 最初の16日(土)は、日本語(4科型の国語、公立一貫型の作文)対策。特に、得意ではない受験生とその保護者に、話をしたいと、国語科教科主任の金子教諭は、つぶやいていました。

 得意ではなかったのに、入学後、様子が変わってきたとか、それはこういう取り組みをしているからではないか、などという話が聞けるなら、せっかく本校に足を運んでくれる方々には、もっといいなあと、私はつぶやいています。さらに、リベラルアーツ入試の日本語リスニングの話も、さわりだけでも聞きたいなあと。

 期待したいですね。

 

 理数インター高等部は、開放的な校風を生徒とともにアピールしてきた従来の方法をさらに発展させ、30日(土)からは、受験生と保護者とに、別々に説明したいと思います。

生徒に自立的な学習者になってほしいと熱く望む右田教頭と伊藤進路支援部長が、受験生自身が自分の進学先を積極的に選択してほしいと考えての企画です。

 受験生から質問の手が上がる説明会になるといいなあと、期待しています。

 

 女子部は、2年生がカナダ研修旅行から帰国したばかりの生徒が、ホームステイ体験等のリアルな声を届けてくれることでしょう。

 体感授業は、「表現すること」を重視しています。マルチリテラシー、ピアノ、ダンス等

の講座に参加してみてください。中学校での授業とは一味違う雰囲気が楽しめると思います。

 校長 富士晴英

Return to Top ▲Return to Top ▲